十六夜ロック・カスタム あおいっ あおいときが とけだしたー

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOPPTの話 ≫ あおいっ あおいときが とけだしたー

あおいっ あおいときが とけだしたー

今回のタイトルと内容に関連があるんだかないんだか、そんな話です。



フレ4号さんがヘカトン戦をやるそうで、プラグないならどうですかと誘っていただきました。

つい先日、やっとニャルプラグを入手するような私が、ヘカトン戦を自主的にやることなどあるでしょうか、当然のようにあるわけがないと思います。

ということで、いきます!と2つ返事をして

タイトルの由来

何の苦労もせず、おこぼれを頂戴してまいりました

ありがたい話です。


ところで。

ヘカトンのプラグアイテム→アビスシード

今回のタイトルに使った歌が主題歌のアニメ→ブルーシード

ただそれだけの流れでした。



そして同じ作家さんつながりの連想で、今回もしょっぱ絵つき。







パール様の名言

余談ですがパールの画像検索で出てきたフィギュアがすんごい綺麗で可愛くてびっくりしました。

パールは個人的には真3より真2のデザインのが好きなので余計にツボです。

公式の、500円で売ってたフィギュアシリーズでしたっけ?

存在は知ってはいたものの、お金がないやら売ってるのを見たことがないやらでしたが、あんなに出来がいいなら買ってみても良かったなあとちょっと後悔です。

このテので未だに激しく後悔しまくっているのは

引っ越しの手伝いにきてくれた姉に、真3の先着購入特典の人修羅フィギュアを捨てられた

ことですけどね!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

ガンダムシード
編集
1巻しか読んだことないなら分かんないかもですけど、パールさんだけじゃなくてガネーシャも出てきますので是非次の機会にはそっちもいじってやって下さい。
パールさんの絵に使ってある色がブログで使われる色文字と同じ色調であぁ、間違いなく同じ人が描いてるな~というのが読み取れて自分でもびっくりです。

それにしてもアレですね、
名付け親と祀られていい気になってることと、コメンテーターが少ないのであまり人が見に来てない(←超失礼)と勘違いして、我が家でくつろぐかのようにトウキョウでの自分や他のブログでコメント書く時とは少し違う素に近いノリでここへはコメントしてきてるわけですけども、
最近はコメントでやりとりしたことのあるブロガーさん達からコメントが寄せられたり、この前フレが最近のお気に入りブログは「十六夜ロック」と言ってたりと、やべーヤヴァイとこ見られてるやべー と、かなりのガクブル感を味わってます。
それと同時に、自分だけのものと(勝手に)思ってたものが手から離れていく、そんな娘を嫁に送り出す親のような気持ちも湧き上がってきてます。が、そんな想いを人修羅をごみ捨て場に送り出す姉のような気持ちで裁ち切り、世に広まってゆく十六夜ロックと近代麻雀をこれからも応援したいと思います。(#゚Д゚) プンスコ!

※残業疲れとその現実逃避で変なテンションになってるので軽くダッジしてやってください・・
2013年01月25日(Fri) 02:06
>ぷんす子さん
編集
ガン種は、そもそもガンダム自体ほとんど観たことがなくてヘルメットに仮面の軍服キャラも、サングラスをかけた金髪のイケメンも両方シャアということをここ数年で知ったとか、アスランとキラが、どっちがどっちか未だにわからない時があるとかで、ブルーシードに軍配が上がっていたのでした。

「奴隷だね」漫画(ちゃんとタイトル書いてやれよ)も何か気がついたらコミックス超出てて、思いっきり取り残されてしまった経緯があったり、でもインド神話がモチーフの話だそうで、せめてwikiだけでも丹念に読もうかと思います。
自分だともちろん淡い青赤味がかった紫やピンクなんかは好きな色という前提条件があるわけですが、他の人から見てもチョイスする色でわかったりするもんなんだなあと感心しきりです。

このブログも何でしょうね、聖闘士星矢で言うところのユニコーン邪武みたいな…いまいちメジャーに乗り切れないマイナーと言うか、何かよくわからん場所ですが、世の中には「えっ、こんなとこにある温泉?に入っちゃうの!?」というような秘湯マニアもいらっしゃいますし、そういうスタンスでいいかなという気もします(どういうスタンスなのか結局わからない

で、ちょっと気恥ずかしいことを言ってしまうと、このブログがぷんす子さんから受けた影響ってものすごく大きいですよ。
たとえるなら漫画家と編集者に近いかなと思っていたりします。
反応があるってホントに嬉しいですし、以前下さったコメントへのお返事でも書いたと思いますが、ぷんす子さんがコメントしてやろうと思えるようなブログというのが根底にあることは否定しません。

それが、ぷんす子さんのフレさんの最近のお気に入りブログにランクインしたりとか、まあ出世させていただいたものです。
どうぞよろしくお伝え下さい。

近代麻雀はアカギの載ってない15日号だと甘く見ていたら2ケ月続けて立ち読みっぱぐれて、「HERO」がわけわからんことになっていたりするので意外と侮れません。
まさかネットでネタバレ検索する羽目になるとは誰が予想したでしょうか。
そして裸単騎で北の地獄待ちのようなこのブログですが、引き続きお楽しみいただけますと嬉しいです。

残業お疲れ様でした!
2013年01月25日(Fri) 09:04












非公開コメントにする