十六夜ロック・カスタム 区別してみましょう

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOP割とどうでもいい話 ≫ 区別してみましょう

区別してみましょう

前々から疑問に思っているのですが、サマナーと支援の違いって何でしょうか。

2つの違いをはっきりさせたところで意味があるのかと言えばわからず、仮に意味があったとしてもこのブログで決めた定義をイマジンに浸透させようというわけでもありません。

そもそも

このブログにそんな影響力ねーだろ

という次元なので、いつものように適当に読んでいただければなあと思います。


そして本題に入りまして、私なんかブログのプロフ欄にフレイザード見習いとか書いてますが、滅多に行かないとは言え野良募集に「禁呪バリシル持ち知力140超えフレイザード見習いです」と書こうものならわずか0.005秒でキックされることは容易に想像できるわけです。

つまり、フレイザード見習いとか言っても履歴書に書けない資格みたいなものと言えます。

まあ、広い定義で考えるとイマジンのプレイヤーはサマナーと言えなくもないですが、そもそもこのサマナーというくくりは「デビルサマナー」シリーズがはじまってからの概念で、真1~2の間を埋めるイマジンでそれを基本形にするのも、あくまでも個人的にはちょっとしっくりきません。

と、このように相変わらず長い前置きを経て、私の考えたサマナーと支援の違いについて発表させていただこうと思います。

区分けとしては割とシンプルで、

サマナー
魂合に太陽系の占める割合が多い

支援
パラス・ピシャーチャ・ラミア(ロウ用の耳だとラファエルでしたっけ?)を魂合してバステ対策

これだけです。

あるいは

攻撃は最大の防御な明和魂→サマナー

まずは守りを固めるふらの魂→支援

殴りかかってきた日向を返り討ちに→S・G・G・K

でもいいです多分。

というか何となく、明和とふらのの例えの方が微妙にわかりやすい気がしてきました。

つまるところ、攻撃と防御のどっちに主軸を置いているかの違い、ということなわけですね。

太陽系できっちり固めていても、中の人が防御を重視しているなら支援です(最初の「これだけです」(ドヤ顔)全否定


で、どなたか

明確な違いがあるなら教えて下さいこのエントリー自体を全否定

関連記事
スポンサーサイト

Comment

編集
エンハンスメントが実装されてから支援職が成立し、
その後、デモナ・スプリンクラーに始まる仲魔用装備の充実と共に
当時は貴重だったバリシルに加えて仲魔による火力での貢献もできるようになった支援職をサマナーと呼ぶようになった覚えがあります。

今だとアサソリバリシル+サマナー+本体火力も可能なので、
知力140アサソリバリシルで支援、
仲魔が火力になるならサマナー、
両方できるのなら支援サマナーで、
本体戦闘もできるのなら・・・
好きなように呼べばいいと思います
2013年07月17日(Wed) 00:15
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年07月17日(Wed) 08:31
支援とサマナの違い・・・
編集
たぶんPCでよく使うスキルがどっちかで決めてもいい気がします。
アーマード→サマナ(ノクバされずにナカマで攻撃し続ける♪)
バリア&シールド→支援(パーティー全体の攻撃を止めない♪)

禁門&エンハ
鉄壁&エンハ+浸食
御魂鉄人&エンハ
の3種類を私は使っていますが、サマナの動き方だと他のパーティーの生死は気にしません^^;←たぶんここが一番違うかも?

自分が攻撃を続けられるように(ナカマがノクバしないように)バリシル&アーマード&アサソリを使いますが、支援として動く場合はアーマード使うこと無いので♪
2013年07月17日(Wed) 12:14
>増吉さん
編集
増吉さんが書いて下さった支援職という概念が発生してからの流れが、自分の中での疑問が発生した流れと重なる部分があるので、先にそちらを書かせていただきますね。

多分私がサマナーってどういうプレイヤー?と思っていることの大きな原因が、サマナー職が成立しつつあった頃にイマジンを休止していたからというものの気がします。
私はリユニオンが実装された当時は本体の火力を上げることに目が行ってて、デモナやWC実装時は半休止状態、そしてイマジン全体でおそらく大きな転化となったであろうLB実装時は完全休止状態だった為、仲魔が主体のサマナーが浸透していくところを目の当たりにしていません。
なので、いつの間にかごく普通に成り立っているサマナーという遊び方に馴染めてないというか…自分でもうまく説明できなくて申し訳ない限りなのですが、増吉さんが仰ったことで疑問の正体に気がついたように思います。

そしてコメントを拝見してて思ったのですが、以前は純支援っていう概念がありましたよね。
最近その言葉をあまり見ないのはたまたまなのか、それとも今は純支援に代わる別の概念が主流なのか、とここまで書いて、支援とサマナーの関係は今まででいう純支援と支援のそれに近いのかな、とちょっと思ったり。

何にしろ、支援やサマナーを含むことによって、遊べる幅が広がったのかなという気がしてきました。
自分の好きに名乗れるというのは、自由に選択できることが増えた証拠なのかもしれませんね。
2013年07月17日(Wed) 18:16
>非公開希望さんへのお返事
編集
本文にこそ書いていませんが、自分の中ではバリシル持ち=支援という意識が少なからずあるので、バリシルを持っていても支援と名乗らないプレイヤーさんもいるというのはびっくりしました。
きっと、そのプレイヤーさんとしては本体や仲魔の火力なり、バリシル以上にウエイトを置いたものがあるからだとは思いますが、確かに知力140以下のエンハ持ち=支援が成立するように、それもまた当たり前のことではあるんですね。

最後に書き添えて下さった野良で名乗る際の肩書き、これはすごくわかりやすくていいなと思います。
同じ構成なら私もそう名乗ってますねー。
2013年07月17日(Wed) 18:18
>ひまわりさん
編集
すっきりとわかりやすくまとめて下さってありがとうございます。
コメントを拝見して、そうそう、こういう表現がしたかったの!と思いっきり胸のつかえが取れたようです。

ここがいちばんの違いかもと仰った部分、すごく賛同できます。
もちろん、何が正しいとか間違っているとかいう判断を私一人で下せるはずもないのですが、少なくとも私自身が自分に求めたい支援の定義というのは、そういったことなんだなと思いました。

ま、まあ私がアマドの使用頻度が高くないのは支援としての動き云々ではなく、単に忘れるからですけども…。
エキスパ構成にしろ、そこから使用するスキルにしろ、何を目的にしてのものなのかという意識の差は、とても明確な指針と言えるかもしれませんね。
2013年07月17日(Wed) 18:19












非公開コメントにする