十六夜ロック・カスタム ウルトラエクセレンス第六感コンピューター

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOP割とどうでもいい話 ≫ ウルトラエクセレンス第六感コンピューター

ウルトラエクセレンス第六感コンピューター

今回の日記はイマジンの話のようなそうでないような内容です。

タイトルを見てピンと来たなら、少しは楽しめる…かもしれません。



中の人のどうでもいい話なんですがIEを立ち上げると私の場合、ヤフーのトップページが表示されます。

それでお気に入り登録してある悪魔検索プログラムさんを開こうとした時、とあるヤフーニュースが目に入りました。

「ときめきトゥナイト」の新作、15年振りに発売

なっ、なにぃ…!

「ときめきトゥナイト」と言えば、私の永遠のバイブルです(ただし第一部に限る

そういえばアニメもあったなあと懐かしくなり、OPとEDの動画も観てきましたが蘭世ちゃんはやっぱり可愛いですね。

でもED、曲は今でも覚えていましたがあんな映像だったなんて…。可愛いけどびっくりしました。

などと懐古に浸っていたところ、ふと気がついたのです。

イマジンにある髪型にキューティーカールというものがあります。

キャラメイク時に選択できるこの髪型

初期のアホの子時代が好き

何かアロンっぽくないですか!


というわけで、今回の日記は「ときめきトゥナイト」を知らないと何が何だかさっぱりですが、そういうのは今にはじまったことじゃないので、このブログの仕様として流していただけますと嬉しいです。

あと新作はもちろん買います

関連記事
スポンサーサイト

Comment

えっちなのはいけないと思います
編集
悪魔検索プログラムさんの登録ブログ更新情報に
ピンとくるフレーズがあったのでやってきてしまいました。

やっぱり第一部ですよね。
EDは最終回おまけ版の印象が強烈でした。
http://www.youtube.com/watch?v=8BKWUtWxdcY
http://www.nicovideo.jp/watch/sm85520

美しさは罪 ほほえみさえ罪
http://www.youtube.com/watch?v=J-TXYBY-LO0
2013年07月29日(Mon) 02:23
>お返事
編集
タイトルを見てのご訪問、ありがとうございますー。
そしてこんなブログですみません…。

当たり前と言えば当たり前なのかもですが、第一部がいちばん「ときめきトゥナイト」っぽいですよね!
何せ今まで通常のED映像すら知らなかった私なので、最終回仕様のEDがあるということも初めて知ったところでした。
メインキャスト総出演で最終回らしいかも?と思う一方、永遠のヒーロー・真壁君まで…!と、何かもう色々と複雑な気持ちです。

美しさは罪~はどこかで聞いた覚えのあるフレーズだと思ったら、パタリロだったんですね。
見なくなって久しいですが、マライヒが子供を産んだとネットの噂で知って、すごくびっくりした記憶があります。
2013年07月29日(Mon) 07:39
プロがこんなところにいた!!
編集
うちに転がってたりぼんを読んでた記憶を呼び起こすと、
「前髪ぱっつん」と「パパがドラキュラっぽかった」
この2つだけしか思い出せなかった内容については素人なぷんす子です。

ただし!
このタイトルが、
【ときめき to Night】 なのか 【ときめき Tonight】 なのか、
小一時間どころか人生における永遠の謎の一つとして(ろくに調べもせずに)○十年悩んでいます。
ここは是非プロのご意見を賜りたいものです。
2013年07月29日(Mon) 23:30
>ぷんす子さん
編集
ぷんす子さんなら「ときめきトゥナイト」を読んだことがあると何となく思っていたので、未読と知ってちょっとびっくりしています。
お父さんは心配性吸血鬼、お母さんは狼女というご家庭に生まれた吸血鬼の女の子の話ですね。

ちなみにご質問の答えですが、以前何かでTONIGHTというつづりを見た覚えがあること、作者さん自身が「ときめきトゥナイト」の設定を元にしたパラレルワールド的なリメイク「ときめきミッドナイト」を連載していたことからして、後者の意味で合っていると思われます。
2013年07月30日(Tue) 07:50
編集
海外でのタイトルは Tokimeki Tonight みたいです
http://en.wikipedia.org/wiki/Tokimeki_Tonight

tonight (tonight) 星の降る夜に
http://www.youtube.com/watch?v=lkKQ1HqxvQs
2013年07月30日(Tue) 23:37
>お返事
編集
海外でも発売されているとは知りませんでした。
向こうの人たちにときめきというニュアンスが伝わるのか、ちょっと気になってしまいます。
でも色んな国で親しまれていると思うと、やっぱり嬉しいものですね。
2013年07月31日(Wed) 08:02












非公開コメントにする