十六夜ロック・カスタム もうちょっと何とかならなかったのか、という話

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOPスポンサー広告 ≫ もうちょっと何とかならなかったのか、という話TOPPTの話 ≫ もうちょっと何とかならなかったのか、という話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) |

もうちょっと何とかならなかったのか、という話

それは経験値やSP200%のワールドボーナス期間中のスギロビーでの出来事であった。



我々、十六夜ロック取材班(我々とか言っても中身は1人)は未知なる生物との邂逅を果たしたのである。

まずはこちらの写真をご覧いただこうか。

★人間の恐怖

人間のものと思われる身体に★型の顔を持つ生物である。

服装から女性型と察することのできる彼女は、さりげなくスギロビーに座りこみながらも、その★型の中央に位置する巨大な一つの眼で油断なく獲物を物色しているのだ。

さらに上空には自らを小型化させた分身を配置し、より高い視覚からのサーチも怠ってはいないという念の入れようである。

これら二重の見張りをかいくぐって接近するのは容易なことではない。

どちらがより安全かを天秤にかけ、我々は正面から堂々と接触することにした。

見た目に反し(失礼だな)知能は高いようである。

我々はこの未知なる生物と友好関係を結ぶのに成功したことを、ここに新たな1ページとして記しておこうと思う。


……。

…………。

だって本人が「好きにネタにしていい」って言ったんだもん><でも事故に巻き込んでいいとは言ってない


以下、拍手コメントへのお返事

なるほど、

を傷つけて


というケンコバ方式の逆パターンですね(「追悼ケンドーコバヤシさん」を観てないとわかんないよこの喩え…

あえて修復したうえでまた折る、なるほどなるほど…

その神は邪神です信仰しているなら今すぐやめましょうそうしましょう

関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
や、やだー私のハンサム顔は人に教えないっていったのに(悪乗り

偶然なタイミングでしたが、PTありがとうございました。
☆魔装のデカラビア装備とか、股間を押し付け血を噴出させ回復させる変態とか
変な成分しかないけど、またよろしくおねがいします。
2014年05月26日(Mon) 21:44
>ケル鯖のデカ様愛好家さん
編集
どのアングルから撮ろうか迷いましたが、そういうことなんだと勝手に解釈してあのアングルからになりました。
ハンサムはみんなで共有しないといけませぬ。

一度スギ金の中に入られていたのに、その節はわざわざありがとうございました!
ぼっちで細々と周っていたのが楽しく周れてSPも増えて大助かりです。
こちらこそ、またぜひご一緒よろしくお願いします。

あ、そうそう、WC中に言えませんでしたが
「極悪ノ華」のジャギ様は超イケメン
だと思います!
2014年05月27日(Tue) 01:23












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。