十六夜ロック・カスタム 大人の階段で踏み台運動

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOPスポンサー広告 ≫ 大人の階段で踏み台運動TOPPTの話 ≫ 大人の階段で踏み台運動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) |

大人の階段で踏み台運動

途中で何度かの休止を挟みつつ、イマジンを6年ほどプレイしている私ですが、元々持っていた意外と人見知り・プレッシャー耐性マイナス1000%にくわえ、ここ最近の基本ぼっち・ひきこもり体質・ブログ弁慶が合わさった対人デスペンタゴンシンドローム的なアレ(アレって何よ)を発症しているが故に、縁がないと思っているコンテンツが2つほどあります。



1つはまあUB&UAなわけですが、もう1つはと言いますと薄々感づいていらっしゃるのではないでしょうか。

そう、ディアスポラです。

やってみたいとは思いつつも、クランで開催できるほどの人数はいないし前述の対人デスペンタゴンシンドローム(この造語は推して行きたいんですかね)のせいで、野良に応募するなんてとてもできません。

が、皆様もご存知のようにディアスポラに関するキャンペーンが開始され、さてどうしようと深刻に困りはじめていたところ

例によって豪華客船ヒャクユメ号がぼっち港に到着

ですよ奥様!

こうしてディアスポラ漂流者の私もめでたく、ヒャクユメさんのフレさんが主催しているディアスポラに迎え入れていただきました。

初めてて何が何だか分からない以前にテンパって記憶メモリを海のどこかに落としてきたどうしようもなさにも拘らず、ヒャクユメさんはTELLで色々と教えて下さったり、主催者さんも大人数をまとめるのに大変な中面倒を見て下さったり、ガンナ長女で初めてクランに入った時のような懐かしく暖かいやりとりを思い出すようです。

その甲斐あって、最初の数日こそヒャクユメさんに声をかけていただくまで遠慮気味にしていた私も、今ではすっかり調子に乗って開催前に現地でスタンバイしております。

歩き慣れているハズのスギナミで道に迷いかけたで、でもリーピクが沸く下の方は地味に分かりにくいと思うのです)り、変態の沸く場所に近いところに出たから早めに着いて遊んでいたら微妙に違う場所だったとか、日記のネタにはなるけど、そういうネタでいいのかという方向を驀進していることはさておき、エキスパはこのキャラは特にもういらないかなーと思うので、せっかくだしプラグでももらうことにしましょう!

wikiで最終確認

そう思ってwikiで確認致しましたところ

wikiから拝借

あっ、はい・・・

関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
豪華客船というよりかは、毎度おなじみの泥船でごぜぇます(´・ω・`)

今ならキャンペーン中につき必要ドゥスもお安くなってるから、頑張ればプラグいけるかも?(確か500→320個くらいだったはず…?)

ちょくちょく開催に注意して、現地にスタンバっておけば
後は拾ってもらえるにゃん。
せっかくのお祭りなわけだしばんばんたのしみまっせう
2014年09月25日(Thu) 23:08
>ヒャクユメさん
編集
困っているところに颯爽と現れるヒャクユメ号、クイーン・エリザベス号もびっくりの厚待遇に感謝の気持ちでいっぱいですよ!
その割に当然のように無賃乗船しかしてないわけですが、いつもタラップを下して下さって本当にありがとうございます。

キャンペーン達成ボーナス分を合わせても25%オフ期間内にはちょっと間に合わない予感もしつつ、主催者さんも他の参加者さんも快く迎え入れて下さって良い雰囲気のディアスポラですし、期間が終わってもちゃっかり潜り込みたいなんて思う次第です。

それから今日も私とコンビを組んでナビをしながらのシナスポラ、お疲れ様でした!
2014年09月26日(Fri) 00:29
セブンパターン・ハデス号かも
編集
さすがの超豪華客船ドリーム・ハンドレッド号もキャンペーンが終わったら沈没してしまうんじゃ・・
また漂流者に戻ってしまわないよう氷山には要注意です!
もし大氷穴の方に向かってたら「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」歌う準備をして急いで船首へっ!!
2014年09月28日(Sun) 12:30
>ぷんす子さん
編集
まだ少なくとも二つは対人ネガティブ要素があるとは、やっぱり五感の先を行くシックスセンス以上にはそれがいかにネガティブなものだろうと常人には到達し難いと言うことなのでしょうか。
最初に「セブンティーン」と見間違えてちょっぴり甘酸っぱい気持ちになったのは秘密です。

今参加させていただいているディアスポラに関しては、ヒャクユメさんが都合により不参加の日でもちゃっかり自分は参加しているので、何とか自動操縦で航路を確保できた、と言っても良いのではないかと思います多分きっと。
ただ、はしゃぎすぎて船首で両手を広げて鳥になった気分に浸っていると支えてくれる後ろの人がいないから風に煽られて転落ということになりかねません。
非常に気をつけたいです。
2014年09月28日(Sun) 13:42












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。