十六夜ロック・カスタム 私立オンギョウキ幼稚園

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOPスポンサー広告 ≫ 私立オンギョウキ幼稚園TOPPTの話 ≫ 私立オンギョウキ幼稚園

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) |

私立オンギョウキ幼稚園

今回は妄想系ノンフィクションな内容です



ともさんと、切れ端集めも兼ねてウエノ金をWCで周っています。

その際にサブにもスフィンクスプラグを取りたいとのことでともさんがサブを引き連れているのですが、メインのオンギョウキさんの後を健気についていくカハクさんや未熟なサティさんがとても微笑ましい光景でお気に入りです。

故にこの状態を私が勝手に

オンギョウキ幼稚園

と名づけ、園児を悪から守りながら戦う強面の保育士さん・オンギョウキ先生を妄想しながらこっそり愛でていたところ、ある日異変が起こりました。



一体何があったのか、未熟なサティさんが不登園ではありませんか。

代わりに入っているのは聖夜のエンジェルさんです。

あいにくと未熟なサティさんの家庭の事情は分かりませんが、少子化の波には勝てずにキャバクラの営業もはじめたのでしょうか。

職業に貴賤なしとは申しましても、幼稚園とキャバクラの同時経営はさすがに保護者の皆さんにバレたら色々とマズい気がします。

私はこれを見て見ぬフリをするべきなのか正義の為に立ち上がるべきなのか。

1人悶々と悩んでいると気がつきました。



カハクさんのHPが893

であることに…。

893と言いますとやっぱり思い出すのはヤのつく自由業の皆さんです。

これは表立って告発できないカハクさんからのメッセージなのかもしれません。

でも、ちゃんと園児たちの面倒を見ているオンギョウキ先生が悪人だとは思えないのも、また事実です。

私はさらに迷いました。

何を信じたら良いのでしょうか。

ペナルティエリア外からのシュートは入れさせないS・G・G・K若林への信頼感と同じものをオンギョウキ先生にも持つべきでしょうか。

だけどシュナイダーのファイヤーショットは、そんなS・G・G・K若林相手にペナルティエリア外から撃っても50%の確率で決まるらしいではありませんか。

どうしよう、信頼できると思ってあぐらをかいていましたが、そうも言っていられないかも…。

などと相変わらずぐだぐだ迷い続けていると



未熟なサティさんが元気に登園してきました。

良かった、また元気な姿を見られて本当に良かったです。

もちろんこれでキャバクラ兼業疑惑が消えたわけではないのですが、今はただ幼稚園を見守ろうではありませんか。

とりあえず今のところは一件落着ということにしてカハクさんのHPを見てみることにしましょう。



まだ密告を続けている様子です。

うん、いやでもしかし、周りの大人が何も言わないのは何だかおかしい気がしてきました。

この時、赤木に電流走る・・・!

私は悟ったのです。

クレヨンしんちゃんの園長が組長と呼ばれているようなもの

だと。

良かった、本当に良かったです(9行振り2回目の登場

これからも変わらずにオンギョウキ幼稚園を見守って行こう、そう思いました。


カハクさんのレベルが上がったりしたらHPが変わるんじゃないか、というご意見ご感想は、すでに定員枠満席の為締め切られております。現在、二次募集の予定はありませんのでご了承下さい





拍手アザッスゼル

何と、そんな仕掛けがあったとはびっくりです。

道理で何回やっても何回やってもエアーマンが倒せないダメだった…のはもちろんリアルラックも関係しているのでしょうが、いつもとちょっとやり方を変えてみるというのは大事なんですねえ。

また次の機会があったらぜひ実践させていただきます。

情報ありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

強面だけど実は…
編集
あ、惜しい。オンギョウキのHPがあと20あれば…!
全書登録をさぼっているツケがこんなところで。

HPが4649と友好的でさえあれば、暗闇でふと見たオンギョさんの顔でギョっとされることも少なくな……らないかな。無理ですかね。
2015年06月19日(Fri) 02:51
>ともさん
編集
4649と言いかけてはみたものの結局言えないでいるシャイなオンギョウキ先生には、もちろん気がついておりました。
世の中にはI love youさえ言えないでいるMy heartの持ち主さんもいるので、自分の気持ちを伝えるというのはやっぱり難しいことなんだなあと思います。

ただ友好的な態度だと、それはそれで怖いような気がするのは私の気のせいでしょうか。
どっちにしろ報われない感のするオンギョウキ先生を、これからも陰ながら見守っています。
2015年06月19日(Fri) 09:36












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。