十六夜ロック・カスタム 羨望と憧憬のタルカジャラー

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOPスポンサー広告 ≫ 羨望と憧憬のタルカジャラーTOP個人的回顧録 ≫ 羨望と憧憬のタルカジャラー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) |

羨望と憧憬のタルカジャラー

こいついっつも似たような前書きからはじまってるな的な感じですっかりお馴染みの光景になりつつある気がしますが、ぶっちゃけましてこれを書いている現在、すでに3月2日です。

でも2月じゃなかったらまだ30日だから…と自分ルール適用で、しれっと2月の更新に捻じ込む心づもりで書いております。

そこまでして更新0の月を出さないことに拘る意味はあるのかなと思わないでもないのですが、だからと言ってそこをなあなあにしてしまうと一気にぐだぐだになりかねないので、っていうかすでに十分ぐだぐだになっている次第でありまして、まあルール無用の悪魔超人RPだとでも思って下さい。

全ては中の人の怠惰根性と28日までしかない2月という極悪タッグコンビが悪いのです(最悪の開き直り)



そんなわけで本題に入るとしまして、今回はいよいよ私の仲魔作成において、その後に大きな影響を及ぼすターニングポイントとなった仲魔の紹介です。


どの悪魔かはいつにも増してタイトルでバレバレ感はなきにしもあらず、そしてお約束は変わらず以下の2つになります。

全ての仲魔のステータス補正に含まれているもの ミスト・御卵・御霊タイプに応じたマサカド武器・全書ボーナス

一部の仲魔のステータス補正に含まれているもの 御霊強化&鉄人ボーナス・DF・DFのベネフィットボーナス

で、今回のガンナ長女時代の仲魔はこちらです。









4体目 クーフーリン

ブログをはじめて間もない超初期の日記の最後でも言っていますが、御子様はすごく大好きな悪魔です。

私に限らず「真・女神転生」シリーズのプレイヤー、タルカジャ要員でクーフーリンのお世話にならなかった人 0人説を提唱したいくらい、中盤~終盤にかけてPTに入れていたプレイヤーさんも多いのではないでしょうか。

「アバタールチューナー1」では隠しボスの人修羅のお共に選出され、イマジンでは第2のサーバーの名前に使用されたことから、ストーリーの根幹に関わらずとも見た目のカッコ良さと使い勝手を誇る人気悪魔の1体であることは疑いようもないと思います。

そんなメガテンシリーズを通しても屈指の人気悪魔ですから、私もイマジンで連れて歩いているプレイヤーさんを見かけて以来、いつの日か御子様を連れて歩くことを夢見ておりました。

とは言え当時の環境だと本体のレベルを上げることもなかなか大変で、レベル44の御子様は到底手が届かない高嶺の花もいいところです。

が、塵も積もれば何とやら、ようやく転機が訪れます。

最大のきっかけは何と言っても前回のヴァルキリーの回で触れたように、スギ銀をソロクリアできるようになったことでした。

イマジンをはじめた当初の大きな目標だったスギ銀クリアを達成し、次の目標として御子様を仲魔に迎えるというのは自然な流れだったのです。

そうと決まればフレさんたちと周る際は3倍香を使ったりして、ひたすらレベルアップに勤しむ毎日がはじまりました。

途中、今回の日記の最初に書いたターニングポイントを迎えます。

1つはレベル39になってガンガーを作れるようになり、メディアラハンを仲魔に積めるようになったこと。

当時は3心合体は存在せず、またメディアラハンを所持しているのはガンガーしかいなかった(確か…多分)ので、メディアラハンを積もうとすると自力でレベル39にする以外の方法はありませんでした。

2つめはレベル40になってラジャを自分で捕まえられるようになったこと。

まあぶっちゃけ次に挙げる要素のおかげで、この時点だと放電目的に関してはほとんど意味がなかったりするんですけど、でもマハタルカジャを積みたい時にナーガ+ラジャで作るアクアンズは個人的に楽な手段だったので嬉しかったのです。

3つめは所属クランのクラマスさんのレベルが57になり、ティタを捕まえられるようになったこと。

結局のところ他力本願な部分は相変わらず残ったままなんですが、搭載スキルに絶対零度の選択肢が加わったのは本当に大きかったと思います。

そんなこんなでやっぱりフレさんたちにお手伝いしてもらいつつ、やっとの思いで完成した念願の御子様、ある日フレさんの1人からこんなことを言われました。

ガンナ長女さんがクー連れてるのほとんど見たことない

…と。

いや、下のスクショだとレベル46になっていますし誤解されることも多分ないとは思いますが、決して御子様を作って満足して終わったわけじゃないのです。

ソロで周る時はちゃんとお共にしていました。

ただ、フレさんと遊ぶ時はレベル40になって蛇男からもらった熱風君を、業火とドラオン目的で育成していたことの方が多かっただけなのです。

というわけで結果的にいざ仲魔になったら、あまり陽の当たらなかった不遇な仲魔、それが御子様でした。


もうちょっと緩和が早かったら強化版を作って育てたかったなあと思いながら次回へ続く!
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。