十六夜ロック・カスタム 素朴な疑問シリーズ1

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOPスポンサー広告 ≫ 素朴な疑問シリーズ1TOP割とどうでもいい話 ≫ 素朴な疑問シリーズ1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) |

素朴な疑問シリーズ1

シリーズと銘打ったはいいものの、次回があるのかわかりませんが常日頃思っていることを書こうと思います。


PC初期搭載のペイントにマウスでグリグリ描くという、とても残念で逆にわかりにくい、余計なお世話な図解つきです。



みなさんもこんな経験はありませんか。


図解1-1

図解1-2

図解1-3


こんな風に、慣性の法則って何だろう?と思いたくなるような経験が。

どうでもいいことですが、敵がピンクなのは悪夢オンコによくやられるイメージがあるからですね!


何なの、このカクっぷり方はようー。



以上、ツッコミの一言でシメようと思っていたのですが、シリーズ存続が早速危ぶまれるような出来事がありました。

そしてお蔵入りにするには、マウスで(これでも)頑張ったので惜しかったりもして、代わりにそっちを書いておこうかなと思います。


妙に既視感があると思ったら「南国少年パプワくん」でありましたよね、こんな感じのシーン。

攻撃を食らったシンタローさんの進行方向にタンノ君とイトウ君が待ち構えていたら、カクっと曲がったシンタローさん…。

あれです、あれ。


じゃあ今度は誰が待ち構えていたんだという話になるわけですが、そこは人それぞれな気がするのでご想像にお任せします、とでも言ってお茶を濁そうと思います。



ちなみに、私の場合は悪夢プリンです多分。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。