十六夜ロック・カスタム メモリはどこへ消えた

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOPぼっちの話 ≫ メモリはどこへ消えた

メモリはどこへ消えた

9月になった→近代麻雀の1日号がとっくに出た、ということで1週間くらい経っても置いてあったりする近所のローソンに立ち読みにいってきました。

売り切れてました。

以前は少年ジャンプに青春を捧げ、早売りのジャンプを手に瞳を輝かせながら走って家に帰っていた私も、今では立ち読みとは言え愛読書は近代麻雀と言うような大人です。


時の流れを感じつつ、折り畳み追記に続きます。



クシミタメモリ

近接女子ではありませんがクシミタマさんからメモリをもらいました。

1日に1個と割と順調なペースで進み、これで残りはアラミタマさんだけです。

カードも寄越してこなかったし、明日にはもらえるのでしょうか。

楽しみでもあり不安でもあります。


比較的楽なメモリはないかと探していたら、そういえば未だにバイブ・カハは登録してないことを思い出してシナ銅にいってきました。

懐かしいですシナ銅。

ガンナ長女現役時代に天蝎を求め、フレ1号さんとヒマさえあれば通っていた思い出も蘇ります。

今はボス部屋のフレスもメモリを落とすらしいですし、カハメモリは周囲の人が手に入れた話やら「腐るほど出る」などと聞いていたので3周もすれば出るだろう、そんな軽い気持ちでいました。

・・・出ないよ!

えええ何で、静寂オーラがついてると開く部屋の箱から出るんじゃないんでしょうか。

何か激しい勘違いをしてるんでしょうか。

カハメモリって今はそんなにレアになってしまったのでしょうか。


どうせプレはログインキャンペーンで配布されたのがポストに入っててタダなのでいいんですが、レアアイテムに設定するようなアイテムでもないやんなという気持ちもあったりして、全書登録めんどくさいなあと思います。

でも170体登録するとフレイザードな私にはとても嬉しい恩恵もあるわけで…。

でもでも今やっと144体と、先は長いです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

恥ずかしいのでしばらく未承認希望!
編集
昨日、仕事帰りに足にガソリンを入れないとヤバイという状況に気付くもサイフを
持って出るのを忘れ、キャッシュカードだけは持っていた私は現金を手にするため
ローソンに立ち寄った。

そこでカードをATMに挿し込むも「時間外でお取り扱いできません」と表示され、
軽いめまいを覚えながらふと雑誌コーナーに目を向けると、そこには3段2列と
大層な面積を占めて近代麻雀なる雑誌が置かれていた。

あぁ、そう言えば今はこれを愛読書にしている黄金期ジャンパーの同志もいたな。

そんな事を思い出しながらおもむろにそれを手に取った。初めて手に取る雑誌だった。
同志と会話するネタを確保するため、私はあの絵柄を探してページをめくった。

私は白い髪の男が活躍しているだろうという思いでそれを見たのだが、
そこには「鷲巣おじさんの巨大アクション」などという訳の分からない物語が
展開されており、またしてもめまいを覚えた私はそれをそっと元の場所に戻した。

-----------------

こんなノンフィクションを昨日綴ろうと思いながら夜中寝落ちしましたw

さ、仕事に戻りますかね。。グスン
2013年04月11日(Thu) 20:43
>ぷんす子さん
編集
私がいつも利用しているローソンは近代麻雀が3冊くらいしか入荷されず、土日を挟もうものならほぼ確実に立ち読みっぱぐれるのですが、3段2列陳列はすごいですね。
というか、そんなに入荷してお店の儲けに貢献できているのか、余計なお世話ながらちょっと気になります。

コメントを下さった日から考えても、不良在庫なのでは…と非常に余計なお世話ながら心配にもなり、あるいはもしかしたらオリジナルの方だったのではないか、などと件のローソンへの疑問は尽きません。

そして「アカギ」のネタバレになってしまいますが、現在はファンの誰しもが予想していなかった、むしろこんなの予想できていてたまるか的な方向に走っており、それが初見とあってはさぞや混乱されたのではと思います。

でもケル鯖に籍を置く黄金期ジャンパーのなけなしの名誉の為に言わせていただくと、「アカギ」というのは「天」という漫画のスピンオフに当たり、そちらでも終盤のダルさ、また初登場時の赤木は、ちびまる子ちゃんに出てくる町内会の親父のような感じこそあれ、至ってマジメ…とは言えませんが、まあマトモな漫画ではあるのです。
ファンの間では「神域」と呼ばれる、天版の赤木から苗字をいただいているのです、と若干涙目で訴えておりました。

ちなみに大活躍の鷲巣様が主役を務め、さらに大活躍をしている「ワシズ」という漫画も存在し、こちらは今の本家に先駆けて麻雀漫画の枠を超えた何とも形容しがたいイカした作品となっております。
もし興味がありましたら、以下の言葉で画像検索でもされると良いかもしれません。

ワシズコプター


ところでガソリンは大丈夫だったのか、はたまた仕事中にこんなブログを見ていて大丈夫なのかなど、ぷんす子さんの周りには疑問がいっぱいです。
2013年04月16日(Tue) 08:00












非公開コメントにする