十六夜ロック・カスタム ダンスダンスダンス

十六夜ロック・カスタム

ケル鯖にて、ぼっちだったりペアだったりで基本ひっそりと遊んでいた思い出の日記帳
TOPスポンサー広告 ≫ ダンスダンスダンスTOPPTの話 ≫ ダンスダンスダンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) |

ダンスダンスダンス

運の高めなフレイザードキャラで行くから逆にカハメモリが出ないのかもしれない、そう考えた私は運ゼロの状態で放置しているガンナ長女でシナ銅へ探索に出かけました。

別にそんなことはなかったです。

うっかりラミアのくっついた装備を持って行くのを忘れてしまって緊縛トラップに引っかかりまくってしまい、めんどくさくなって1周で引き上げたので、検証とか何もあったものではありませんが。

報酬の箱と同じように運のステは関係ないのかもしれませんし、運がゼロだから出なかった可能性もあるわけで、カハメモリのくせにやっぱり生意気です。


ガンナ長女がお世話になっているクランの方にフレ1号さん、2号さんがログインしていたので少しチャットをした後、カハメモリの腹いせに非凡フォルネウスからメモリをカツアゲしようと思いました。

ちょうど先日の通りすがりさんが声をかけて下さり、これまたお手伝いしてもらいましたが出現時間のはずなのにこいつら月曜が定休日かというくらい出ません。

やっと見つけた1体にも不快だ不快だ言われまくって、むしろこっちが不快な気分にさせられるという有り様です。

落ちる時間まで30分くらいになり、次の出現までは待てそうもないので非凡フォルネウスの名前も生意気だノートに書き足していると、通りすがりさんから少しゾウシガヤに行ってみませんかとお誘いを受けました。

当然のように黒魂なんか持ってないことを黙ったままついて行きます。


初めてのゾウシガヤにドキドキキョロキョロと不審な動きをする私に、通りすがりさんは「はなれないようにくっついてきて下さい」と気を遣ってくれました。

別々に探索しようと言われても断固として拒否するつもりだったので、そこは無問題というか、はぐれたら最後、死しか見えません。

生きる為に必死についていきました。

ドックの時もそうですが、ケンシロウにくっついてる幼少期のリンの方がよっぽど役に立っているというくらい、私の働かなさっぷりはガチです。

せめて踊りのひとつでも踊るつもりで行きましたが、それもムリでした。


2周して箱までいただいて、パール30個だのクロイツ100個だの出てヒャッホイとなった私の横には、霊園でレベルが3つくらい上がったイシスがプカプカ浮いていたといいます。


ゲーデの動きが結構コミカルで意外と好きかもしれません。

今の私だと、とても自力で行く気にはなれませんけれど。

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。